キャンプ日記

夫婦でキャンプ|マキノ高原キャンプ場で流星群とメタセコイア並木を堪能

一週間ぶりのキャンプへ

「次はどこ行こうか?」と話しながら、まんまとキャンプに魅了されつつあるわたしたち夫婦。

驚くほどに、欲しいキャンプギアリストがどんどん増えていくばかりです。

特に新しいキャンプ道具を得たワケではないですが、再び夫婦でキャンプに行くこととなりました。

ちなみに前回のキャンプから7日ぶり。

スノーピーク箕面キャンプフィールドテント
初めての夫婦キャンプ日記はこちら!夫婦でキャンプ|スノーピーク箕面キャンプフィールドで初キャンプ!

夫婦で初めてキャンプへ行ってきました。一からキャンプ道具を揃え、実際にキャンプ場での過ごし方などを書いてます。スノーピーク箕面キャンプフィールドは都心からのアクセス良好なのに自然がいっぱいで癒されました。

続きを見る

ただ、今回のキャンプには大事な、大事な目的があり、前日にキャンプ場の予約を取りました。

たまご
そうだ、ペルセウス座流星群を見に行こう☆彡

ということで、一週間ぶりのキャンプ!

マキノ高原キャンプ場

今回のキャンプ場はマキノ高原キャンプ場という、滋賀県北西部に位置するキャンプ場です。

冬季はスキー場、夏季はキャンプ場という二つの顔を持つ、なんとも画期的な場所!(^^)!

マキノ高原キャンプ場には6つのキャンプサイトがあったのですが、今回は名前的に何となく良さそうな展望サイトを予約しました。

それにしても、久しぶりの車の運転も楽しい~♪

途中、琵琶湖の広さに一人感動してしまいました。

たまご
・・まるで海だ!!

じゃがいもさんは、助手席でいつの間にか夢の中へ。

途中渋滞にもあいましたが、車内で歌を歌っている内に、16時前キャンプ場に到着しました!

チェックインぎりぎりー!

マキノ高原キャンプ場

マキノ高原キャンプ場

  • 住所: 滋賀県高島市マキノ町牧野931
  • 電話番号:0740-27-0936
  • チェックイン/アウト:12:00~16:00/12:00
  • 料金:4,500円~※サイトにより異なる ※ごみ処理量500円/組
  • HP:http://makinokougen.co.jp/

キャンプ場に近づくにつれ、辺りの景色は木々や森の風景が広がり始めます。

ちょうどキャンプ場受付あたりには、赤坂山に登るための登山口がありました。

なんでも、赤坂山は標高823.8mで、関西百名山の一つにあたるんだそう。

季節の花や野草を求めて、多くのハイカーさんたちが山登りされるみたいです。

私たちはもちろん、そんな時間も無いので、早速キャンプ場受付へ向かいました。

マキノ高原キャンプ場
マキノ高原キャンプ場の受付

左側の受付で、まずはチェックイン。

料金は、大人二人+テント持ち込み=5,000円/泊、これにごみ処理量500円/組をプラスで、今回のキャンプ場使用料は5,500円でした。

たまご
オートキャンプ場としては一般的?ちょっと高い気もするけど・・
マキノ高原キャンプ場の売店

さらにさらに、受け付けの隣には、売店がありました。

品揃えもなかなか豊富です。アウトドアチェアやテーブルなんかも販売していました。

たまご
個人的にはアイスクリームとビールが嬉しかった

マキノ高原キャンプ場のキャンプサイト

マキノ高原キャンプ場サイトマップ
出典:Makino Highland

今回は、★印を付けた④展望サイトという場所を予約しました。テントは10張り可能、標高は380mです。

高原サイトが標高300mほどの場所なので、ちょっと高目の場所にあります。

マキノ高原キャンプ場の高原サイト

こちらは高原サイト。

テントがちらほら立っています。

高原サイトは傾斜があるので、テントの配置とか工夫が必要そうです。

でも広々として良いな~

空が広く感じました。

展望サイトへ

テントサイトまで車の乗り入れが出来るんですが、対向車と譲り合いが必要なのでちょっとドキドキ。

とりあえず、サイトに車を停車し、テントとタープの向きを考えることに。

この日は平日でしたが、17時前の時点で既に4サイト埋まっていました。

テントサイト内に特に区画は無く、先着順で好きな場所に立てれるという感じかな?

1週間ぶりのキャンプ、そしてテント張り。

体力が続く限り、ペグ打ち担当はわたしなのですが、トントンと叩いていると後ろからじゃがいもさんの声が。

じゃがいも
ペグの向き反対やで

せっかく打ち込んでたのにΣ(゚д゚lll)ショック。

アルミペグ

追い打ちをかけるように、ペグの先端がポキっとなりました・・。

この後2本のペグの先端が、お辞儀するかのうように曲がっていきました。

たまご
下手くそでごめんよ・・

泣く泣く、ペグ打ちをやり直します。

マキノ高原キャンプ場展望サイト

そんなこんなで完成~(^o^)

今回も、もちろんモンベルのステラリッジテントです。

前回と違うのは、タープの張り方!

小川張りというのにチャレンジしました!

始めじゃがいもさんに「今日は小川張りやってみよか」と言われて「OK~」とは言ったものの、

小川張りって何?という状態でした。

家に帰ってネットで見て見ると、こんな感じの説明が。

「小川張り」とは元々小川キャンパルのシステムタープを用いて、ヘキサタープとドームテントとを隣接した設営方法の名称のこと

んーちょっと良く分からない(・・?

今回は100均のロープを使って、設営していましたが結構良い感じな気がします。

たまご
ミニタープだからか、ちょっと低目な気もするけど・・

無事セッティングもできたので恒例?のキャンプ場探検に出発です!(^^)!

マキノ高原キャンプ場のサイト

マキノ高原キャンプ場の高原サイト

展望サイトから坂を下っていくと、この広々~とした高原サイトがお出迎え!

10万㎡もあって、400張りできるらしいです。

休日はもっと埋まるのかな??

さらにさらに進んでいくと、

マキノ高原キャンプ場の高原サイト

可愛い三角屋根のお家と、グランドゴルフ場がありました。

三角屋根の家にはCOFFEEの文字があるので、カフェかな?

高原サイトを見渡せる広場サイトも、景色が良くて素敵でした。

マキノ高原キャンプ場の林間サイト

キャンプ場内には涼し気な川が流れていました。

水遊びしたくなります。

マキノ高原キャンプ場の林間サイト

見てるだけで、体感温度がグッと下がる気がします。

マキノ高原キャンプ場の林間サイト

そしてここが林間サイトです。

あとは、スノーピークの常設テントがある常設テントがありました。

マキノ高原キャンプ場の川サイト

展望サイトを降りてすぐのところにある川サイトにも、ファミリーのキャンパーさんたちが多かったです。

この先にあるのが森の隠れ家サイトというなんともわくわくするような名前のサイトがありました。

TODAY'S SPECIAL

キャンプ場を散策していたら、お腹が減ってきました。

そして衝撃的な事実が発覚・・

たまご
お肉が無い!

2回目という事で、気が緩んでたのか、肉らしい肉をもって来るのを忘れてしまいました。

流星群に気を取られていました。

マキノ高原キャンプ場

幸い、ビールは売店で購入(夜は長いので、ノンアルをゲット)出来ました。

マキノ高原キャンプ場での晩御飯

まずは、おにぎりにマジックソルトを振りかけて、焼きおにぎりを作ります。

マキノ高原キャンプ場での晩御飯

焼けてきたら、次はソーセージを鉄板にIN!

ジュージュー音だけでご飯が食べれそう!

マキノ高原キャンプ場での晩御飯

焼きあがったおにぎりに、紫蘇の葉、顆粒出、塩昆布を乗っけます。

そこに沸かしたお湯をかけて、鰹節をちらせば和風茶漬け?の完成\(^o^)/

このお茶漬けがめちゃくちゃ美味しくて、出汁が体中に染み渡りました。

冬とかもやってみたいな~♪

ちなみにこのあと、すぐにカップラーメンを食べました(*^_^*)

シャワールーム

マキノ高原キャンプ場のシャワールーム

シャワールームは、林間サイトの近くにあります。

マキノ高原キャンプ場のシャワールーム

コイン式で、200円3分。

コインのみで、持って無い場合は近くの自販機か売店で両替するのを忘れずに!

どうしても3分で終わらしたくて(なんの意地?)、化粧を先に落としてなんとか3分以内に収めました♫

3分経つと、お湯が自動でストップするのでちょっとびっくり。

ちなみにマキノ高原キャンプ場内には、温泉さらさという温泉施設も併設されていました。

大人700円~なので、時間が合えば温泉もよかったな(^o^)

ペルセウス座流星群

マキノ高原キャンプ場

シャワーを浴びて、流星群見に行こう~!としていた矢先になんとスコール!!!

傘も持ってきて無かったので、危うくびしょ濡れになるところでした。

雨が上がるのを待っていると、15分程で降り方が緩やかになり、すっかり雨が上がりました。

たまご
雲は多いけど・・(´・ω・`)

展望サイトは確かに展望台からの景色は綺麗だったけど、街灯が明るい気がしました。

星の光もまだ弱かったためかあまり見えず・・。

椅子を持って、高原サイトへと移動しました。

たまご
夜風がとても気持ちいい♬

風が結構強くて、雲の流れも速い・・。

じーーーっと待っていると、雲の隙間から、星が見え始めてきました。

カメラを設定しながら、星を眺めます。

マキノ高原キャンプ場の星空
マキノ高原キャンプ場の星空
マキノ高原キャンプ場の星空

流星のようなものがカメラに映りました・・!

嬉しかった~(*^_^*)

マキノ高原キャンプ場の星空

北の空には、カシオペア座がキラキラと煌めいていました。

写真撮影したり、でもやっぱり肉眼で見たい気持ちもあったり、星空って色んなロマンがたくさん詰まっている気がします。

じゃがいもさんも今回は星空撮影頑張ってたし♬

と言いつつ、ふとじゃがいもさんを見ると、椅子の上でぐーすか眠っていたので、少し早めに切り上げてテントに戻りました。

たまご
わたしは流れ星4つ見たよ

マキノ高原キャンプ場での朝

マキノ高原キャンプ場

朝起きると、空にはすんごい分厚い雲が。

じゃがいもさんは、早めに目が覚めたのか焚き火の準備をしていました。

雨が降る前に、急いで朝ごはんの支度をします。

マキノ高原キャンプ場での朝ごはん

今回はハムとオニオン、チーズのホットサンドです。

コーヒーを飲みつつ、自然の音をBGMにのんびりと過ごす時間ほど、贅沢なものはありません。

焚き火台の上で焼いていると・・・・雨。

朝ごはんが食べれなくなる前に、タープへと避難!!

マキノ高原キャンプ場での朝ごはん

結局JET BOILのガス台を出して、ホットサンドを作りました。

たまご
チーズうま!
マキノ高原キャンプ場

雨は止む気配もありませんが、タープのおかげで何とかしのげました。

マキノ高原キャンプ場

雫がなんだか幻想的で、とても綺麗。

小雨になったところで、テントを撤収して早めにキャンプ場をあとにしました。

メタセコイア並木

マキノ高原キャンプ場へ行く途中で、たまたま通ったこのメタセコイア並木をどうしても見たかったので早めに訪れてみました。

というのが昨日夕方、このあたりを車で走った時に、ものすんんんごい観光客の方々がいたので。

たまご
車走らせるのちょっと怖かった(´・_・`)

朝早い時間なら、ゆっくり見れるかな?ということで、キャンプ場を泣く泣く早々と後にしたわけです。

メタセコイア並木道

駐車場があったので、まずはそちらに停めて、メタセコイア並木脇道を散歩することにしました。

メタセコイア並木道

青々した木々がまるでトンネルのようです。

ゆっくり見た後、車を走らせると、なんと更に深いメタセコイア並木のトンネル道が現れました。

車を停める所を探していると、マキノピックランド駐車場という無料駐車場を発見。

ツーリングの方とか、車も駐車していました。

車を停め、再びメタセコイア並木を見に行ってみます。

メタセコイア並木道

光の加減もあるかもしれないけど、先ほどよりもより深い感覚がありました。

メタセコイア並木道

メタセコイア並木は春夏秋冬、日本の四季に合わせて、色んな表情を見せてくれるらしいです。

秋の真っ赤に染まったメタセコイア並木も見てみたいな~。

新・日本の街路樹百景というのに選定されたらしく(ここに来て知った)、なんだか嬉しい巡り合わせでした。

やっぱり早起きは三文の徳!

2度目の夫婦キャンプ、先週ぶりという事もあって、新しいキャンプギアも何も増えていなかったけど・・

ペルセウス座流星群や、メタセコイア並木、あとは新発見のキャンプ飯(焼きおにぎり茶漬け)も相まって、バタバタしながらのんびりしたひと時を過ごせたかな。

とりあえず、大の字で眠れるテントが欲しい\(^o^)/

たまご
次はどこへ行こうかな~

スポンサーリンク

-キャンプ日記