キャンプギア

手軽に美味しいコーヒーが飲める「コトル」を紹介

はじめに

コーヒータイム

山の上でコーヒーを飲もうと思うと、ドリッパーやフィルター、コップなど様々な道具が必要になりますよね。

家でコーヒー作ってボトルに入れていけば解決するのですが、それではちょっと物足りない。

じゃがいも
いや、全然物足りない!!

山の上の澄み切った空気の中で、コーヒー豆を嗅ぐと、凄くいい香り

コーヒーミルを使って、コーヒー豆を挽くと、より一層コーヒー豆のいい香りが楽しめます。

手間はかかるけど、この一手間の時間がすごく贅沢な時間なんですよね。

一度味わうと中々辞めれません。

山からの景色も良いけれど、山頂でのコーヒータイムが、これまた最高なんです。

今回はコーヒーを気軽に楽しむことができて、しかも美味しいコーヒーが飲めるコーヒーボトル「コトル」を紹介します。

コトルとは

コーヒーが飲める「コトル」

コーヒープレスとステンレスボトルが一体になったコーヒーボトルです。

使い方は簡単で、ボトルの中にコーヒーの粉を入れます。

じゃがいも
コーヒーの粉は、粗挽きがおすすめ!
コーヒーが飲める「コトル」

その後、ボトルにお湯を注ぎます。

コーヒーが飲める「コトル」

4分間蒸らします。

その後プランジャーを押し下げて、完成。

コーヒーが飲める「コトル」

コーヒーが飲める「コトル」

コップに注ぐ必要がなく、そのまま飲むことができます。

また、真空2層構造になっているので、暖かさがキープされます。

おすすめの理由1:荷物が減る

コーヒーセット

コトルがあれば、ドリッパーやフィルター、コップなど様々な道具が必要ありません。

コトルの中に、コーヒー用の水を入れていき、山の上でお湯を沸かします。

そして、その間にコーヒーミルでコーヒー豆を挽いて、コトルの中に入れるだけ。

すごくお手軽ですよね。

もっとお手軽にするなら、家で沸かしたお湯をコトルに入れていきます。

山の上で、コーヒー豆を挽いて、お湯入りのコトルに入れて、蓋をして軽く振ります。

そのあと、プランジャーを使って粉を下に押し下げれば、ちょっと温いコーヒーの出来上がり笑

おすすめの理由2:ゴミ

コーヒーが飲める「コトル」

ドリッパーでコーヒーを抽出した場合、フィルターやコーヒー豆がゴミとして出てしまいますよね。

水気もあるし、持ち帰るのがめんどくさいですよね。

じゃがいも
ちなみに、私たちは、ジップロックに入れて持って帰ってます。

コトルなら、ボトルの底(プランジャーの下の部分)にコーヒーのカスが溜まっていて、そのまま持ち帰るだけ。

ゴミの処理に頭を悩ませる必要なし!

おすすめの理由3:美味しい

コーヒーが飲める「コトル」

コーヒープレスで抽出するので、コーヒーオイルが多く含まれます。

コーヒーオイルには、甘みとコクを感じ取る成分が多く含まれています。

そのため、コーヒープレスで抽出したコーヒーは、風味や香りが一段と増します。

個人的な感覚ですが、ドリッパーで抽出したコーヒーよりも深い味わいが楽しめる気がします。

おすすめの理由4:いろんな使い方ができる

実は、プランジャー部分を取り外しても、蓋ができる構造になっています。

コーヒーが飲める「コトル」

そのため、普通のステンレスボトルとしても使うことができるんです。

真空二重構造なので、保温だけでなく、保冷の効果もあって、一年中使えます。

おすすめの理由5:いろんなシーンで使える

コーヒーが飲める「コトル」

山の上だけでなくて、キャンプ場や会社でも、手軽に、しかも本格的なコーヒーを楽しむことができます。

個人的に惜しいポイント1: 雰囲気

コーヒーが飲める「コトル」

凄く良い商品だと思いますが、カフェで飲むコーヒーよりは雰囲気的には味気無い気が・・・笑

やっぱり、ドリッパーでのコーヒー抽出は、雰囲気が良いですよね。

個人的に惜しいポイント2: ちょっぴり高い

コトルの値段は、約5千円です。

サーモスの山専用のステンレスボトルやモンベルのアルパインサーモボトルと同じぐらいの値段するんです。

正直、悩ましい値段ですよね。

私は職場でも使っていて、毎日朝昼コーヒーを作って飲んでます。

コトルを買う前は、コンビニの100円コーヒーを買っていたので、それと比べると凄く経済的なのかな?と思います。

最後に

コーヒーが飲める「コトル」

いかがだったでしょうか。

アウトドアだけでなく、登山やキャンプ、オフィスなど色んなところで気軽に美味しいコーヒーが楽しめるコトル。

是非一度、使ってみてください!

スポンサーリンク

-キャンプギア