キャンプギア

失敗談から学ぶ?おすすめの「焚き火台」

はじめに

焚き火


キャンプといえば、やっぱり焚き火ですよね。

私たちは、初めてキャンプに挑戦するにあたり、様々な焚き火台を探しました。

その当時は、山岳キャンプを物凄く意識していたこともあって、とにかくコンパクト性の高いものを探してました。

まず最初に、欲しくなったのが、Pikari outdoor-shopさんのピコグリルでした。

ピコグリル398

芸人のヒロシさんが使っていて、有名になったとか。

ピコグリルは、A4サイズに折りたたむことが出来て、すごくコンパクト。なおかつ450グラムと軽量なんです。

コンパクトさに拘っていた私たちには、ぴったりの商品でした。

が、値段がなんと1万4,000円!

お試しで買うには高すぎました・・・。

次に目をつけたのが、笑'sさんのB6君という焚き火台でした。

B6君

その名の通り、B6サイズに折りたたむことが出来ます。

こちらも本体だけであれば500グラムと軽量なんです。

お値段も6000円程度だったので、ハードルが一気に下がりました。

いざ、購入しようと、楽天とかAmazonをあさっていると、激安商品を発見したのです!

それが、yolerさんの折りたたみコンロでした。

折りたたみコンロ

こちらの商品もB6ぐらいまで、折りたたむことが出来ます。

重量は、800グラムと他のに比べると重たいものの許容範囲です。

スペック自体は所々劣りますが、値段が圧倒的に安かったんです。

そのお値段なんと衝撃の1,600円!!

しかもレビューが、そこそこ良いんです。

これは、買うしかないって事で、即購入しちゃいました笑

実際に使ってみた感想!

焚き火台「B6君」

組み立て簡単!結構しっかりしてる!!めっちゃコンパクト!!!

焚き火台「B6君」

実際にキャンプで使ったんですが、調理する時だけちょっとした工夫(薪の入れ方)がいるものの、大きな問題は特段なくて、いい買い物したなぁ〜って感じでした。

が、しかし、別のキャンプ場で使った時に問題発生!

焚き火をしているときに、焚き火台から薪が倒れ落ちたんですよね。

焚き火台「B6君」

そのキャンプ場自体は、焚き火OKのキャンプ場だったんですが、結構草が生えているキャンプ場でした。

当然、火が燃え移ることはなかったんですが、これって環境に良くないなぁって思って。。。

地面との距離が近い為、熱が伝わるのも良くないですよね。

そこで、芝生などの自然保護の為に、スパッタシートを使うことを考え出しました。

大きな焚き火台

焚き火台

オートキャンプ場で焚き火を楽しんでいる様子をチラっと見ていると、多くの人が、大きな焚き火台で焚き火を楽しんでいて、いいなぁってなって笑

大きな焚き火台であれば、薪なんかも安定して置けるよなあ・・ということで、大きな焚き火台を買うことに決めました。

自然保護の事が気になっていた事もあり、炭や灰がこぼれ落ちない形に拘って、大きな焚き火台を探しました。

候補として挙がったのは、次の三つのメーカーのもの。

スノーピークの焚火台Mスターターセット

キャンプ場でも一番目にした焚き火台。

物もしっかりしていて、一番欲しかったんですが、金額が税抜き19,800円と高額!

折りたたみコンロを10個買ってもお釣りが来る笑

コールマン ファイアーディスク

足を広げるだけで使うことができるシンプル構造。

単純に焚き火だけを楽しむならこれかなって感じだったんですが、調理やBBQの事を考えると、イマイチイメージがつかなくて。。

金額は、税込6,980円と少しお手頃価格。

ユニフレーム ファイアグリル

コンパクトさには、少しかけるけど、焚き火も調理も楽しめそうで、金額が税込7,500円とまだ家計にも優しいお値段。

色々と迷ったんですが、最終的にはファイアグリルを買いました!

ユニフレームのファイヤーグリル
ユニフレームのファイヤーグリル

今では結構、満足して使ってます。

ユニフレームのファイヤーグリル

大きさも安定性も申し分なし!

終わりに

唯一、ファイアグリルを購入して悲しかったのが、専用ケースが入ってなかった事!

今は、とりあえず手頃な買い物袋に入れて持ち運んでます笑

専用の収納ケース

専用の収納ケースじゃないけど、ぴったりの収納ケース

いずれは購入したいと思います!

スポンサーリンク

-キャンプギア