アメリカ横断旅行

RVでめぐるアメリカ横断15日目(後編)!ウォール街とブルックリン橋

今日の予定

経済の中心地、ウォール街を歩く(Walk on Wall street)

ウォールストリート

バッテリー・パークから歩いて15分、ニューヨーク証券取引所もあるウォール街に到着しました。

このあたりも観光地として大人気なのか、たくさんの観光客で溢れています。

じゃがいもさんの方が「ここ有名やで」と、楽しそうでした。

わたしはもっと勉強せねば・・特にお金については疎いので。

チャージング・ブル

歩いていくと、巨大な雄牛が現れました。みんな思い思いに触れ合いながら並んで写真を撮っていました。

わたしもとりあえず体をトントンと触りましたが、全く何か分かっていません。縁起の良いものなのかな?としか思ってませんでした。

調べてみるとチャージング・ブル(Charging Bull)という名前らしく、株の大暴落を乗り越えたアメリカ経済の強さの象徴として創られたものだそうです。

とにかく、威勢が良くて今にも動き出しそうなモニュメント!という感じ。

街中にある芸術作品

おしゃれで、芸術的なモニュメントが街中にあるなあという印象です。素敵です。

マンハッタンとブルックリンをつなぐ橋(Bridge connecting Manhattan and Brooklyn)

ブルックリンブリッジへの案内

ウォール街から20分程歩くと、Brooklyn Bridgeの文字が・・!このまま案内に沿って歩いていきます。

ブルックリン橋(Brooklyn Bridge)

ブルックリンブリッジからの眺め

ブルックリン橋からは、マンハッタンの街並みが一望できます。

雨は上がり曇り空ですが、高層ビルが雲間に隠れて、まるで天に続いているように見えます。

左側にはエンパイヤステートビル(Empire State Building)も見えます。

このままブルックリンの方へ歩いて渡ります。

ダンボへの道

すると、足元にDUMBOの文字が・・!わくわく(^O^)もう少しです。

ダンボ(DUMBO)

ブルックリンのダンボエリア

この趣のある建物の間から見える橋を眺めるためだけに、ブルックリン橋を渡り個の場所へ来たと言っても過言ではありません。

ダンボ「Down Under the Manhattan Bridge Overpass」の略称で、元々倉庫街だった場所がおしゃれなお店やレストランなどが再開発によって進められ、人気の観光スポットになっています。

ダンボのこの光景は、ゴシップガールに出てくるオープニングを思い出します。

確かこの町にはダン・ハーフリーが住んでいるという設定でした。

学生時代に英語の勉強も兼ねて、たまにはトレンディなドラマも見ようということで見始めてから見事にはまりました。

セリーナ役のブレイク・ライヴリーも、ブレア役のレイトン・ミースターも可愛くて美人で、出てくるお菓子も美味しそうで、ビジュアルから好きだったなあ。

写真を撮って、じゃがいもさんがトイレタイムとの事で、橋の近くにあるスターバックスで休憩します。

キーンズ・ステーキハウス(keens chophouse)

キーンズ・ステーキハウス

歩いてマンハッタンに戻り、本で調べていたステーキ屋さんキーンズ・ステーキハウス(keens chophouse)へ向かいます。

頭の中はステーキ、お肉!

中はちょっと敷居が高そうで、ドキドキ。

ドアマンの方に「予約はしているか?」と聞かれ、「してない」と答えると2時間待ちと告げられたので断念。

キーンズ・ステーキハウスのメニュー

どれも美味しそうなメニューばかりです。残念。

たまご
お肉・・(´・_・`)

グランド・セントラル駅(Grand Central Station)

気を取り直し、そこから20分程歩いてグランド・セントラル駅(Grand Central Station)へ向かいます。

この場所も、大好きなMr.childrenゆかりのある場所です。

駅に着くなり、どこかな~と写真で見た景色を探します。

グランド・セントラル駅

天井に星座が描かれたコンコースが出てきました。

ここもあの4人が来た場所です。ステーキは食べれなかったけど、一気に幸せな気持ちになりました。(わたしは♥)

奥に見える階段は、ゴシップガールのセリーナが降り立った場所でもあります。

グランド・セントラル駅の天井に描かれた星座の絵

とてもきれいな薄いブルーの天井に、繊細に描かれている星座の数々に目を奪われます。

駅のコンコースなので、写真を撮る際は人通りも多いため注意です。

TODAY'S SPECIAL

オイスター・バー・レストラン(Grand Central Oyster Bar & Restaurant)にて夕食

オイスター・バー・レストラン

匂いにつられて、駅の下に降りていくとオイスター・バー・レストランがありました。

駅の中にあるなんて最高です。

迷わず店内へ入ると、すぐに席へ案内してくれました。

店内はかなり賑わっていて、テーブル席やカウンター席などかなり広いです。

ここでもカウンターごとに担当者が就いてくれるみたいです。

まずはビールで乾杯(あれ、昨日もしたような・・?)

グランド・セントラル駅内のオイスター・バー・ダイニング

パンとお菓子を出してくれました。

メインを注文しようと店員さんを探すも、店内も広く、どこにも見当たりません。

側を通ったお兄さんに「注文したい」と伝えると、端の方を指さされました。

見ると、テーブル担当のお姉さんが賄いタイムなのか、ご飯を食べてました。

「申し訳ないけど、彼女が来るまで待っててね」とのこと。

こういうの日本では経験が無いので、不思議な感覚です。

お腹が空きすぎて、おつまみにもらったパンとお菓子を勢いで食べてしまったのを反省。

賄いタイムを終えたお姉さんは、普通にテーブルに戻って注文を聞いてくれました。

ここへきて、まさかの再会。

メニューにクラムチャウダーの文字があります。

RVを借りた日の午前中に、自転車でサンフランシスコ市内を散策していたのですが、そのときにフィッシャーマンズワーフに寄りランチに頂いたのもクラムチャウダーでした。

東西離れた場所ですが、不思議な縁を感じます。

一応オイスターバーなのですが、二人ともクラムチャウダーを頼むことにしました。

そして、クラムチャウダーのメニュー欄を見ると2種類ありました。

ニューイングランド・クラムチャウダー(New England Clam Chowder)マンハッタン・クラムチャウダー(Manhattan Clam Chowder)です。

違いを聞くと、ニューイングランド・クラムチャウダーはアサリや野菜の入ったクリームのもので、マンハッタン・クラムチャウダーはトマトベースのものだと教えてくれました。

2人ともニューイングランドタイプを注文しました。

アサリの出汁がしっかりしていてとても美味しかったです。

空腹に染み渡ります。

日本だと品川でこの味を食べる事が出来るみたいです。

帰りは電車に乗り、再びRVパークのあるニュージャージーへと帰ります。

Liberty Harbor RV Parkで過ごす最後の夜

RVパークに着いたのが9時前、外は真っ暗です。

リバティ・ハーバーRVパークの夜

明日でこのアメリカ横断旅も終わりを迎えます。

なんだかあっという間過ぎて、実感がわかない。

最後まで楽しみまくります。

携帯の万歩計を見たら1週間ぶりに1万歩超えてました。

運動は大切です。

たまご
明日も良き一日にします。
続きを読む
RV最後の日
RVでめぐるアメリカ横断16日目!

アメリカ横断旅行もついに最終日です。約7000キロ共にしたRVとも今日でお別れです。レイクハイアワサにあるクルーズアメリカの事務所に返却しに行きます。

スポンサーリンク

-アメリカ横断旅行