北欧周遊旅行

北欧周遊旅行5日目(前編)!芸術的!ヴィーゲラン彫刻公園とムンク美術館

北欧周遊旅行5日目のプラン

DFDS朝ごはん

目覚ましが鳴り、部屋の窓から外の景色を見てみると、ゆっくりと太陽に照らされた海が広がっていました。

部屋のベッドは意外と快適で、旅の疲れもあってか昨晩は二人とも晩御飯を食べたあと、ぐっすり眠ったようでした。

たまご
基本どこでも眠れるよん

朝ごはんは7時に昨日の夕食会場と同じレストランで予約していました。

着替えてレストランへと向かいます。

DFDF船内レストランでの朝食ビュッフェ

ウェイターさんが、窓側の席へと案内してくださったおかげで、朝日と一緒に朝食をとることができました。

ヨーグルトもバニラやストロベリー、プレーンがありました。

サラダやスープ、ベリージュースなどをいただきます。

わたしの一押しはデニッシュ!甘~いですが、とても美味しかったです。

北欧は特に物価が気になるので、朝だしビュッフェでお腹いっぱい食べます。

たまご
お残しはNG

ご飯を食べ終えて、船内を少し散策♬

DFDSの船上からの景色

海上は風も強くて寒いけど、目がしゃきっとなります。

景色を見ていると、スコットランドから来ているご夫婦が「どこから来たの?」と話し掛けてくれました。

日本からの距離を説明したら、ビックリしてました。

DFDSの船上からの景色

対岸に住宅街が見えます。素敵な町だなー。

DFDS部屋からの景色

部屋に戻り、荷物の最終チェック。

ふと窓の外を見ると、海の真ん中にお家らしきものがありました。

灯台かな?

日本から持ってきた本を読んでいると、船内放送が。

町に着くみたいです。

DFDS出口

バックパックを背負い出口へ向かうと結構人がいました。

午前11時過ぎ、ノルウェーのオスロという町に到着です。

ノルウェーのオスロ到着!

DFDSフェリー

一晩お世話になったDFDSともここでお別れです。

改めて見ても巨大だ~。

お世話になりました!ご飯も美味しかった!

DFDSフェリーターミナルから、ホテルまでは徒歩で向かいます。

ターミナルからは歩いて15分程です。

緩やかな坂がありますが、荷物が軽ければ問題なし♬

ホテルは自動チェックイン機がありました。

部屋に荷物を預け、早速オスロの町へと散策に出かけます。

ムンク美術館

オスロ中央駅で乗物チケット購入

ホテルからオスロ中央駅へは徒歩5分の距離です。まずは駅で乗物チケットを購入します。

オスロ中央駅

とてもきれいな駅です。

まずは駅で電車のチケットを購入します。

今回は24時間チケットを購入します。

電車やトラムなどに3回以上乗る予定があれば24時間チケットがお得!

乗車するゾーンごとに料金が異なりますが、1ZONEでシングルチケット(いわゆる1回券)の場合37kr、24時間チケットは111krです。

シングルチケット3枚分で24時間チケットと同料金ということになるんです。

と、その前に現金を用意しておかなければ・・!

昨日までスウェーデンに滞在していたので、持ち合わせがスウェーデン・クローナしかありませんでした。

たまご
ノルウェーでは通貨がノルウェークローネに変わるよ
オスロ中央駅にあるATM

エスカレーターで改札のある2階に上がると、ATMがありました。問題なく下ろせましたよ~

オスロ中央駅と地下鉄の乗り場に注意!

さてと!次はチケット買わないとです。チケット販売機は駅構内に幾つかあります。窓口もありました。

たまご
チケット♪チケット~
オスロ中央駅の券売機

券売機発見しました。

操作するも購入したい24時間チケットが見つかりません。

たまご
なんかオカシイ(⌒∇⌒)

もう一度、乗車駅を確認します・・・Järnvägstorgetになってるぞ?

あれ、ここはOslo Sentralstasjon(オスロ中央駅)だし・・?

Google Mapで指している現在地と、Järnvägstorget駅の場所が少し違います。

でもかなり至近距離にはあります。

何かおかしい。

少し思考回路停止しましたが、一度外へ出て考えることにしました。

地下鉄の駅Jernbanetorgetへのアクセス

登ってきたエスカレーターを下るとき、Jernbanetorgetの文字を発見!

緑の矢印の方向へと早速向かいます。

オスロ中央駅を出ると、目の前にはトラムが走っていました。

今から乗るのは電車になっているので、トラムでは無いし・・。

地下鉄の駅Jernbanetorgetへのアクセス

直進して歩いていると、目の前に下へ降りる階段を発見しました。

地下鉄の駅Jernbanetorgetへのアクセス

Jernbanetorgetー!

やっと見つけました!

こんなところにあったなんて・・。

ちなみに赤いTT-baneの略でノルウェー語で地下鉄の意味なんです。

とにかく、これで地下鉄に乗れる♥

チケット購入時の注意点

T-baneチケット販売機

階段を降りて進むと、券売機を発見しました。

これでチケットが買える!(予定)だったのですが、一つだけ注意点が。

チケット販売機は基本的に、VISAMasterコインの使用がメインで、紙幣が使える機械があまり無いということです。

両替した際、コインを受け取ることはほとんど無いと思うので、券売機で購入する際はクレジットカードがあった方が良いです。

この券売機も、なぜだか紙幣が使えず。

バスとかなら、運転手さんから直接購入することができますが、1割以上割高になるので節約できるとこはしたいところ。

地下鉄の駅Jernbanetorgetにあるキオスク

このすぐ近くにあったキオスクへ行ってみることにします。

地下鉄の駅Jernbanetorgetにあるキオスク

NARVESENは、ノルウェーのコンビニのチェーン店。お店で「24チケット、プリーズ」と伝えると無事、購入できました。

オスロの公共交通機関で使える24時間チケット

チケットはペラペラの紙、いや、厚紙?でした。

雨に弱そうなので濡れないように気を付けなければ!!

たまご
無事ゲットできてよかった

事前にアプリをダウンロードしておけば、アプリ内で購入も可能です。

RuterBillett

 

RuterBillett

Ruter As無料posted withアプリーチ

チケット情報

チケットは券売機のほか、Nervsen というオスロのコンビニチェーン、セブンイレブンで購入ができます。
購入したチケットは、メトロ、トラム、バス、フェリー、オスロとヴィーケンの一部で使用可能です。夜間料金もありません。
使用するエリアによって料金も異なるので、事前に観光エリアを把握しておくと安心です♪
チケットの購入場所はこちらから
各チケット料金はこちらから

ムンク美術館へ

ムンク美術館へは、地下鉄のJernbanetorget駅で乗車し、2駅先のTøyen 駅が最寄り駅です。

オスロのTøyen Park

駅を出ると、Tøyen Parkという公園があります。

公園を通り抜け、5分程歩きます。

ムンク美術館

ムンク美術館に到着です。

オスロはムンクが幼少期を過ごしたゆかりある町です

ムンク美術館のカフェでランチ

お腹が空いていたので、美術館に併設しているカフェでランチをとる事にします。

ムンク美術館にあるカフェ
たまご
お腹空いたー!

そう、ここにはお目当てのアレがあるはずなんですが・・・

ムンク美術館のムンクの叫びケーキ

ありました・・!!

ムンクの叫びケーキ!

これが食べたかったんです~

大好きなチーズケーキがラスト1個!

これは食べるしかありません。

ムンク美術館のカフェ

ムンクの叫びケーキに、コーヒー、サラダラップ、シナモンロールで合計3千円ほどでした。

たまご
ちょっとお高い?

けど、せっかく来たし食べない理由はありません。

こういう時のために節約できるときは節約すれば良いのです。

ケーキはレアチーズケーキで、ほのかに香るマンゴーのピューレも美味しかったです。

ムンク美術館のカフェのムンクの叫びケーキ

ムンクの叫びがコミカルに描かれている感じに癒されました。

お腹も満たせたので、美術館へと移動します。

消えた?!ムンクの叫び

受付に並ぶと、まずセキュリティチェックがあります。

カバンとかも全部スキャンします。

チケットを買おうとすると「今日はフリーの日よ」と。

なんと、ラッキーなことに入場料が無料でした。

たまご
嬉しい誤算★

ただ、色々聞いていると「展示品が少ないの」とのこと。

たまご
ちょっと嫌な予感・・
ムンク美術館のロッカー

セキュリティチェックを通したカバンは、地下にあるロッカーへ直します、こちらも無料です。

ロッカーと同じフロアに、トイレもあるのでここで済ませます。

さ!いよいよムンクの叫びとご対面です・・!

展示場へ入ると、映像が流れていました。

ムンクの生い立ちや、彼の生涯を伝えています。

さらに中へと入ります。

広々としたフロアに、絵画が飾られています。

芸術的な感性は持ち得ていませんが、ムンクの叫びって中学生位の時、美術の授業で教科書に出てきますよね。(内容が薄い)

一度くらい実際に見てみたい、そう思いながら展示場を見渡します。

ムンクの叫びの画を見つけられぬまま、出口へと出てしまいました。

展示品は少なかったのですが、おかしいな~と思いながらも外へと出ます。

ムンク美術館ギャラリーのレプリカ

すると、お土産屋さん飾ってあったムンクの叫びを発見。

見れました!レプリカだろうが、ポスターだろうが、オスロの地でムンクの叫びに出会えたことがなんだか嬉しい。

そして、衝撃の事実が発覚しました。

たまご
ムンクの『叫び』東京にあるみたいだよ

それはそれで、なんだかおもしろいなぁと思いながら、美術館をあとにします。

注意ポイント

ムンク美術館は2020年秋頃、移転予定です。詳しい情報はこちらから随時更新されているので、訪れる際は要チェックです。

また機会があれば、ノルウェーのオスロでムンクさんに会いたいな。

参考

ムンク美術館(MUNCH)
住所:Tøyengata 53, 0578 Oslo※2020年6月現在
営業時間:10:00~16:00
料金:大人120NOK、オスロパス使用で入場料無料
備考:A4サイズ以上のカバンなど持ち込み不可、セキュリティチェックあり
HP:https://www.munchmuseet.no/

ヴィーゲラン彫刻公園

ムンク美術館を出て、Tøyen駅から地下鉄に乗り、Majorstuen駅で降りて、そこから歩いてFrogner Parkへと向かいます。

フログネル公園

Frogner ParkまではMajorstuen駅から歩いて10分程です。

公園内はとても広く、開放的で新緑の中をお散歩しながらのんびりと歩きます。

ヴィーゲランが創り出した200以上もの作品

公園へ進むと、橋が見えてきます。

フログネル公園

橋に続いて、様々なポージングの銅像がたくさん建てられています。

筋肉の質感や表情がリアルに表現されていて、ビックリ。

お気に入りの銅像も含めて、公園にあるヴィーゲランの作品たちを紹介します!

フログネル公園にあるヴィーゲランの銅像

キス&ハグする人。

フログネル公園にあるヴィーゲランの銅像

ばんざーい!

フログネル公園の噴水

噴水を支えているのも人です。

フログネル公園にあるヴィーゲランの銅像

丘の上にある「人の環」の像。

フログネル公園にあるヴィーゲランの銅像

そしてこの人が織りなす「人間タワー」は圧巻でした。

その周りを囲む人たちにも、各々にメッセージ性を感じます。

フログネル公園の怒りんぼ像

極めつけは、この怒りんぼ像です。

表情が何とも言えないですよね。

今にも声が聴こえてきそう(^O^)

ヴィーゲランの作品には、解説がありません。

それぞれの作品をどう受け取るかは、自分自身次第なんだそう。

たまご
そういう思想もとても素敵♥

ヴィーゲラン彫刻公園について

フログネル公園の地図

フログネル公園は別名ヴィーゲラン彫刻公園とも言われています。

彫刻家である、グスタフ・ヴィーゲラン氏がオスロ市の依頼を受けて創り上げられたこの場所は、まるで屋外美術館にいるような気持ちにさせられます。

この公園は芝生も多くとても広々としていて、なんといっても無料で楽しめる!!

地元の人たちも憩いの場として利用していて、のんびりとした雰囲気に癒されます。

フログネル公園のキオスク

KIOSKやトイレ(有料)もあります。

コーヒー片手にお散歩するのにも、とてもおすすめです。

200体以上ある銅像たちを見ながら、真似をしたり、どんな感情を表現してるのかな?とじゃがいもさんと話ながら過ごしていると、あっという間に時間が過ぎました。

たまご
ドッグランエリアもあるよ

こちらもおすすめ

オスロ市内をお得に観光出来るオスロパス

続きを読む
アーケシュフース城
北欧周遊旅行5日目(後編)!ノルウェーのオスロでアナ雪と美食に出会う

ノルウェーのオスロの町でアナ雪のモデルになったお城や、王宮、名物料理などを紹介します!

北欧周遊旅行について詳しく見る

スポンサーリンク

-北欧周遊旅行
-,